志木市ニュース

再生可能エネルギーが未来を変える 再生可能エネルギー10

Home »  ダイエット »  再生可能エネルギーが未来を変える 再生可能エネルギー10

再生可能エネルギーが未来を変える 再生可能エネルギー10

再生可能エネルギーが未来を変える 再生可能エネルギー10。何の難しい課題はありません。再生可能エネルギー100%する事、エネルギー政策上いかなる問題や課題持つでょうか 再生可能エネルギーが未来を変える。近年。新聞やニュースで耳にすることが多くなった「再生可能エネルギー」。
と聞かれてすぐに答えることができるでしょうか?では。なぜ「再生可能
エネルギー」に関するニュースが注目されているのでしょうか?また。日本の
エネルギー問題のもうつ重要な課題は。エネルギー自給率です。国連
気候変動に関する政府間パネルによると。年に発表された~年
の年当たりの世界の気温の上昇が℃であったのに対し。年再生可能エネルギーへの100%転換は可能か。日本のように自然資源に乏しい国が。原子力にほとんど。あるいは一切頼らず。
化石燃料にも完全に頼らない方法を見つけられたら。国際的に大きな影響力を
持つことになるだろう。 エネルギー効率が出発点 エネルギー効率の

2019—日本が抱えているエネルギー問題後編。課題の解決に向けて。どのようなことをすればよいのでしょうか?「パリ協定」
のそこに大きく影響するのが。石油や石炭など「化石燃料」の使用量です。
これまで日本新しくなった『エネルギー基本計画』。年に向けた
エネルギー政策とは?」参照。※年。年。年のエネルギー
消費効率をとする※エネルギー消費効率=最終エネルギー消費/実質
エネルギー各国の発電電力量に占める再生可能エネルギーの比率をグラフで
比較日本のエネルギー政策が抱える課題や問題点とは。千葉商科大学田中信一郎准教授が東日本大震災以降の日本のエネルギー政策や
抱える問題点について説明します。あの原発事故から再エネへとシフトする
流れが生まれましたが。順調に進んでいると言えるのでしょうか。これは。
建物から熱を逃がさない最低限の設計を義務化するもので。省エネにつなげる
狙いを持つ規制でした。 が年に開始した
イニシアチブで。事業運営を%再生可能エネルギーで賄うことを目指す
取り組み。

「クリーンエネルギー政策」+「ESG投資」で長期的な成長。地球温暖化の脅威でクリーンエネルギー政策が各国で本格化し。クリーン
エネルギーを推進する公益企業に追い風に第の課題に進むと。クリーン電力
を運輸。家庭用暖房。工業など他のあらゆる用途に活用することが可能になり
ます。は。結果として長期的に公益企業の評価や収益性を高めると考えており
。銘柄選別をする上で。環境。当ファンドは環境問題の解決に資する
再生可能エネルギーへの追い風が今後も止むことはないと考えており。再生

何の難しい課題はありません。時間は掛かりますが技術的には確立しています。 電力の需要実態ははっきり把握されています。その需要に合わせた発電が出来ればよいのです。 再エネには『太陽光発電』、『風力発電』、『水力発電』、『バイオマス発電』、『海洋エネルギー発電』などがあります。 これらを組み合わせて、需要を賄えばよいのです。 大容量蓄電池、揚水発電所なども利用できます。 さらに、余った電力を『水素製造』に回せば、その水素を使った『燃料電池』も生かされます。 再生可能エネルギーをさらに大幅に増やし、大量の『電力余り』となることが『再生可能エネルギー100%実現』の条件に過ぎません。これが日本という国を対象とした質問であるとすれば、再エネ100%ということは物理的に不可能です。再エネには、安定電源の水力、地熱、バイオと不安定電源の太陽光、風力などがあります。日本では残念なことに大型水力は開発済みであり、日本の必要な電力量9000億~1兆kWh/年の約10%程度しか賄えません。では、残りの8000億~9000億kWhをどう再エネで賄うのかの具体的な計画がまったく描けないからです。よく誤解している人がいますが、不安定電源の太陽光、風力は、夜間、気象条件によって発電量が0になる電源であり、必ず同じ発電容量のバックアップ電源が必要になるので、100%再エネを達成する電源にはなり得ないのです。ある1日の昼間のある時間に100%を達成した、というような短時間ではあり得なくはありませんが日本の気象条件では、太陽光の年間平均稼働率は12%、風力も20%しかないのです。即ち、残りの80%以上は火力に頼っているということです。よく、蓄電池、揚水発電のことを言う人がいますが、蓄電池の蓄電容量とその価格をまったく知らない人であり、8000億~9000億kWhの蓄電池など非現実的であることぐらい、「放射脳」以外の普通の人であれば分かっています。例えば現在世界最大のリチウムイオン蓄電池10万kWでも1.3時間分13万kWhの電力しか貯めることができません。しかも、その価格は5~10万円/kWhです。そして、揚水発電も適地が限られており、既に電力各社が開発済みであって、これ以上増やす余地はほとんど無いのです。では、安定電源の地熱はどうかというと、地熱については、1箇所当たりの出力が小さいこと、その発電量蒸気供給量の寿命の不確かさが大きい採算性が見通すのが難しいこと、国立公園、温泉業者との調整が難航すること、など、大幅な増加などまったく見通せていないのです。バイオについても、その燃料の安定供給燃料調達、輸送、採算が見通せず、これも大幅な増加などまったく見通せていないのです。そもそも、日本は無資源国であり、エネ自給率が6%しかないオイルショックも経験したのですから、数十年も前から国が新エネとして再エネを含め、その開発に力を入れてきましたが、結局、エネルギー密度が薄すぎて、主要な電源にはなり得なかったのですから、今になって急に何とかなるという話ではないのです。今は、地球温暖化対策として、国際的にCO2排出量を削減する目標を達成する必要があり、火力発電を減らすために、国民負担を伴うFIT賦課金制度を導入し、太陽光、風力を増やしているだけで、再エネ100%を目指しているのではないのです。日本は無資源国であり、日本に必要なエネルギー、素材、食料を輸入するための費用は工業製品の輸出で稼ぐしかなく、工業立国として成り立つためには、安定的に高品質周波数、電圧変動が小さいで比較的安価な電力が必要なのです。これが得られなければ、日本は実質的には滅亡するのです。ですので、エネルギー問題は、長期的展望で、3E安全保障、環境保全、経済性の視点で考えるべきものなのです。そして、いつものように、典型的な「放射脳」のyamada様が間違った回答をしているので、正しておきます。>何の難しい課題はありません。時間は掛かりますが技術的には確立しています。?何の具体性もありません。技術的に確立しているって、何のことかまったく分かりません。>電力の需要実態ははっきり把握されています。その需要に合わせた発電が出来ればよいのです。?はっきり把握されているというのは間違いですが、需要に合わせた発電をすれば良いというのはその通りです。ところが、需要と無関係に、出力変動してしまうのが、不安定電源である太陽光、風力であり、急激な出力変動は大停電要因になるのです。ですので、その導入には制限があるということです。>再エネには『太陽光発電』、『風力発電』、『水力発電』、『バイオマス発電』、『海洋エネルギー発電』などがあります。これらを組み合わせて、需要を賄えばよいのです。?「放射脳」の特徴ですが、これらをどう組み合わせ、どの電源にどのくらいの年間発電量を担わせ、そのための発電所をどこにどれだけ建築し、その費用はいくらになり、その時の発電コストがいくらになる、というようなできる根拠は一切示さず、妄想を言うだけなのです。>大容量蓄電池、揚水発電所なども利用できます。?当方の回答に示した通り、蓄電池、揚水発電の基本的なことをまったく理解できずに妄想を言うだけなのです。>さらに、余った電力を『水素製造』に回せば、その水素を使った『燃料電池』も生かされます。?さらに余った電力って、何のことでしょうか。水素製造は、2次エネルギーの電力を3次エネルギーの生産に使うということであり、化石燃料という1次エネルギーを直接使う方が遥かに効率的資源の有効活用かつ経済的なのです。>再生可能エネルギーをさらに大幅に増やし、大量の『電力余り』となることが『再生可能エネルギー100%実現』の条件に過ぎません。?これも単なる妄想です。再エネを大幅に増やすとは、何を何処にどれだけ増やすのか、それが可能土地、費用、需要とのバランス、経済性かを示さなければ意味は無いのです。そりゃ第一に、おつむのぶっとんだ自称保守の軍国ソンタクウヨ政党の解体、イエスマンソンタク官僚の追放だ。そいつらわ、今や内閣が官僚トップの人事権を実質的にがっつり握って、もはや立法と行政の独立は雲散霧消にちりぬるを。そして「官僚企業舎弟」の天下り外郭団体、財団法人日本エネルギー経済研究所とか、経団連21世紀政策研究所研究とか、NPO法人国際環境経済研究所などを通じて民間のふりこいては財界経済界をがっつり締め上げておる。NHKなどのテレビに突出して原発推進政策を垂れ流し続けた元官僚の故澤昭裕氏が、人身御供と化して死に際に発した言葉が、「原発に100%安全を求めるんが安全神話だから推進GoGo!!」今やミギマッキー預言の聖典と化しておる。そこで垂れ流された政策骨子は今も全く変わっておらぬ。もちろん事故直後の世情を刺激せぬように、フェードアウトのようなニュアンスや、再生可能エネ普及推進などが盛り込まれておるが、それらは自民党スポークスマンの減らずグッチー同様、ただのガスヌッキーなリップサービス、世情を惑わしソンタク誘導するためだけの雑言戯言。今のエネ計画と全く同様。その政策骨子の核心は、すべての電源は再生可能エネも含め、中央政府官僚機構および経団連等の傀儡中央大資本のトップダウンコントロールの下に置くべし、というもの。これすなわち戦時体制の軍国統制経済政策。現行エネ計画はその象徴。原発も石炭も軍事資源の確保と備蓄なのである。そげなもんは、珍三肝入りの官民ファンド経由の政府プロジェクトがことごとく大失敗メルトダウンしまくっておるのとまったく同様、ダメダメなのは先験的に明白。大戦時代の戦前戦時中も軍国私物と化した経済は大崩壊した。エネルギー政策上の第一にして最大の問題は、古今東西変わらず常に政治イデオロギー実現欲とぶら下がり独占欲勢力による反知性的な「粗忽、無謀の創造性」による現実無視の非論理性、反整合性にある。その終着駅は玉砕特攻だ。ミギマッキーが突出していない場合であってさえ、いつの時代でも同様の矮小な自己実現願望支配による偏向が経済を捻じ曲げる。それさえなければ、自由主義資本経済は適切な誤り修正機構とグローバルコンセンサスによるガイドがあれば、旺盛な活力に溢れた自律能動を発揮して問題を解決することが出来るのだ。そのことは人類の歴史が証明している。現代学問上でも部分的に証明済みだ。そして何よりも、大宇宙自然界の多様な活性の仕組みが全く同じものなのだ。それを捻じ曲げ、たかが人間の統制支配で縛りつけようとすることこそ、妄念上の偏狭な理想ファンタジー論に過ぎない。政策的トップダウン統制機構こそが最大にして最悪の阻害要因なのである。機械技術上の課題などは瑣末な問題に過ぎない。再生可能エネ100%の完成形と必要な実現可能技術およびその道程はすでに示されている。そこへのトップダウン統制による介入は珍三メルトダウンをもたらす。その道程に必要な経済こそが固定された計画ではなく臨機の誤り修正に基づく調整機構であらねばならない。経済というものは社会を固定枠にはめ込み誘導するためのものではなく、社会的分配の調整機構なのである。その原理的役割を忘れてはならないのだ。忘れてしまうと、経済の美名の下に精神的支配をされてしまうことになる。エネルギー政策をつくる内閣に、>再生可能エネルギーを100%とする???なんて、愚かなことを考えてる議員はいません。だから、>問題や課題???は存在しません。>再生可能エネルギーを100%とする???なんてことは、発電は瞬時の需要に合わせることであること、を理解できなず、再エネの食い物にされてる事実をみることができない愚かな消費者を狙った再エネ事業者のキャッチフレーズにすぎません。再生可能エネルギーは出力が不安定なものが多く、現状再エネで100%賄うことは考えてないとおもいます。ただ、基本的に出力調整が出来ない、重厚長大、一局集中、不安定電源である原発にくらべれば、再エネは小型?分散?起動停止簡単?制御簡単なので、原発よりは安定電源といってもいいとおもいます。よって時代遅れの危険な老朽原発等出来るだけ早く速く廃止していただき、再エネ化を推進すべきです。田舎にゃ空き地がたくさんあるでよ。再エネで地域振興してくれろ。将来、安いか化石燃料が枯渇すれば、水素利用や蓄電装置等の併用によって、いやでも再エネ100%にいかなくてはいけません。再エネは自由に発電量をコントロールできないので、100%ということは風が無くても日照が無くても最低の発電量の時でも需要を満たせるようにするということなので、膨大な設備容量が必要になり、その多くが設備があっても発電を制限される時間が長くなります。欧州や北米のように広大な範囲で需給調整できるなら遠い将来可能性は無いとは言えませんが、日本は他国と送電線が繋がっていません。国内での調整すら大規模にはできません。すでに再エネによって莫大な国民負担が決定していますが、そうした発電設備以外の環境を整えるのに、さらに考えただけで気が遠くなるような費用が掛かるでしょうし、7割が山林の狭い日本でそれだけの設備を設置するために禿山ばかりとなり、大雨で大災害となる危険性が高まるでしょう。再エネ買取総額累計94兆円、2050年度に 電気料金に上乗せ、国民負担増も懸念1/2ページ – 産経ニュース地熱、太陽光、風力発電は効率が悪くコストがかかります。そのため、それらを主流にするには効率を上げるなどしないといけないですが、それは地理的要因による依存が大きいのでそこらへんですかね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です