志木市ニュース

法の下の平等反する危険性あるのでないか考えて他ような法律

Home »  スポーツ »  法の下の平等反する危険性あるのでないか考えて他ような法律

法の下の平等反する危険性あるのでないか考えて他ような法律

On 3月 17, 2021, Posted by , In スポーツ, With No Comments

法の下の平等反する危険性あるのでないか考えて他ような法律。妊娠に気付かない場合や、コンタクト処方などの妊婦に関係のない。妊婦加算制度ついてご教示いただきたい

以下2点ついて教えていただきたい

①妊婦加算制度ついて訴訟起こす場合、根拠なるのか
②違法性?違憲性 ある
たら条文反するこなり

憲法第14条 法の下の平等反する危険性あるのでないか考えて、他ような法律反する考えられるでょうか

ご存知の方、法律お詳い方ご回答よろくお願います 権利章典。彼らは社会を平等にしたいと思ったのではなく。各人にその能力を最大限に発揮
する機会を与えたいと考えたのである。年齢。身長。性別。人種。宗教
といった特徴に基づいて露骨に人間を差別するような法律は望ましくないが。
それと同じそして。そもそもこの憲法修正条項は。限定された目的のために
しか適用できないと考えて。ほかの事案にこの条項をと明言した時。彼が伝え
たかったことは。人種隔離は。いつでも。どこでも。憲法に規定された「平等な
保護」に反する

妊娠に気付かない場合や、コンタクト処方などの妊婦に関係のない?シチュエーションなどの制度の運用が無理やり感も否めませんしね。黙っていても制度廃止になりそうですし、負担額は2,300円程度ですから裁判するだけ労力の無駄ですよ。そんなアホな制度を敷いた政治家達を次の選挙で落とす事に力を注いだ方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です