志木市ニュース

消せない火災狙った兵器 焼夷弾や爆弾落てくるの大型機いく

Home »  スポーツ »  消せない火災狙った兵器 焼夷弾や爆弾落てくるの大型機いく

消せない火災狙った兵器 焼夷弾や爆弾落てくるの大型機いく

On 3月 18, 2021, Posted by , In スポーツ, By , With No Comments

消せない火災狙った兵器 焼夷弾や爆弾落てくるの大型機いく。いえ、1945年1月まで、B。太平洋戦争後期、日本空襲や原爆投下受け街焼け野原なっていたらいの 焼夷弾や爆弾落てくるの大型機いくらアメリカの爆撃機いえ、陸軍や海軍の戦闘機で撃墜空襲阻止するのできた思 なぜ戦闘機など出て迎撃なかったのか 戦闘機など出ていて迎撃など行っていたのでょうか 当時の日本ほど制空権なかったのか B。これまでに分かった事をで公開し。訪問者から寄せられた貴重な情報も公開
することにしました。Bの搭乗員は。通常は名。その内訳は。機長。副
操縦士。爆弾投下係。航行針路係。 機関士。無線通信士。レーダー操作。中央
戦後。まもなく。アメリカ軍が我が社の空襲で受けた被害状況を調査に来ました
。自動車工業は。アメリカの日本本土爆撃目標の第1目標ではなかったため。
それまで。戦闘機による機銃掃射のほかは。たいした被害を受けなかったわけ
です。

「消せない火災」狙った兵器。1945年。日本中の街を焼け野原に変えた米軍機による空襲。そこで主に使
われた兵器が焼夷しょうい弾。攻撃目標を焼き払うため。ガソリンなど燃焼
力の強い物質を詰め込んだ爆弾でした。広島に原爆投下した米軍爆撃機B29
「エノラ?ゲイ」。そう話すのは。「空襲?戦災を記録する会全国連絡会議」
事務局長の工藤洋三さん69=山口県周南市日本の家屋は火に弱い。火災
こそが大きな兵器になると信じて疑わない人がアメリカにはいた。

いえ、1945年1月まで、B-29による爆撃は失敗と判定されていたのです。それでヘンリー?アーノルド大将は、ヘイウッド?ハンセル少将を更迭して、カーチス?ルメイ少将に爆撃指揮を命じました。またアメリカ海兵隊へ硫黄島占領を厳命したのは、サイパンからでは護衛のP-51Dの航続距離が足りないからです。つまりB-29は、P-51の護衛を必要としていたのです。P-51の護衛が不要であれば、無理に硫黄島を占領する必要などないし、B-29単独の爆撃が成功であれば、ハンセル少将を更迭して、ルメイ少将と交代させる必要はありません。特にB-29の脅威となったのは陸軍の二式複座戦闘機「屠龍」や、海軍の双発戦闘機「月光」、「彗星」改造戦闘機、武装した百式司令部偵察機、また二式単座戦闘機「鍾馗」、三式戦闘機「飛燕」などです。護衛戦闘機のないB-29単独の爆撃では、大型の双発戦闘機でも、容易に迎撃を行うことができ、実際、少なからぬ撃墜戦果を挙げています。特に二式複座戦闘機「屠龍」は37mm機関砲を装備し、また二式単座戦闘機「鍾馗」丙は、40mmロケット機関砲を装備していました。飛行第70戦隊の小川誠准尉は、爆弾投下直前の、水平直線飛行中の、B-29の爆弾倉の開いた瞬間を狙って、40mmロケット砲で撃墜しました。護衛戦闘機のないB-29単独の高高度爆撃では、爆撃精度が低下し、かと言って低高度で爆撃すると、日本戦闘機にやられます。B-29が高高度爆撃を行ったのは、日本戦闘機の迎撃が激しいからなのです。しかし硫黄島占領後はP-51の護衛がつくようになり、これが決定打となったのです。しかしそれでも、二式単座戦闘機「鍾馗」や、四式戦闘機「疾風」、五式戦闘機などによって、少なくない数のP-51Dが撃墜されています。当初のB-29の空襲は 軍需工場や重要産業の工場を昼間高々度爆撃をしていました。B-29は高々度でも出力が落ちないターボチャージャーを装着していましたし、高々度でも寒くならず、空気も薄くならない気密室を装備していました。日本軍の戦闘機は他の方も書いてあるようにターボチャージャーの開発が出来ず、高々度では性能が落ちて 満足な空戦が出来なかったので、兵器なども降ろして軽くして 高々度に上がれるようにして、体当たり攻撃をしていました。それが 高々度爆撃では精度が悪く、効果が現れなかったので、指揮官が交代になり、悪名高い カーチス ルメイになってから 市街地の非戦闘民を爆撃の対象にした作戦に変更になり、夜間低高度で回りから絨毯爆撃して 逃げられないようにしてから 徐々に内側を絨毯爆撃する方法に変更して、効率的に都市を焼け野原にして、一般市民の被害を拡大するようになりました。悲しいかな 日本軍は まともな機上レーダーを装備していなかったので、燃える都市の炎に照らし出された敵機か、サーチライトが照らし出した機にしか攻撃できませんでした。硫黄島が陥落してからは 護衛のP-51が付いてくるようになり、昼間は日本機は迎撃出来ないようになりました。B-29は 機銃を降ろし、その分まで爆弾を装備して 日本中の都市を焼き払いました。エンジンやレーダー技術と B-29の射程外から攻撃出来るような空対空ロケット弾の開発が出来なかったことがB-29を迎撃出来なかった原因と思います。最初1944年は一万メートル付近の高高度から侵入し爆撃してきた科学技術と資源不足の日本は高高度まで上がれる戦闘機がなく、南方からの石油輸送もフィリピンを落とされた事でほとんど途絶え満足な哨戒もできなくなっていた1945年3月に硫黄島が陥落すると、ここが護衛戦闘機の基地となったことで状況は絶望的になった。サイパンから来るB29に護衛戦闘機がつくことで日本の防空網は食い破られ、さらに5月に菊水作戦大和特攻などを含む沖縄米軍への陸軍合同特攻で海軍艦隊戦力が壊滅すると、日本近海まで米軍の空母部隊による空襲や戦艦隊による対地艦砲射撃まで始まり、1945年に入ってからは護衛戦闘機を伴った低高度からの精密爆撃や夜間爆撃も併用するようになり、爆撃の命中率は飛躍的に向上してしまった日本側も低高度であれば対空砲や戦闘機による迎撃が可能になったので多少被害を与えることに成功したが、もはや戦力差は絶望的であり、防空部隊の損害はB29に与える被害以上となり6月以降は首都上空でさえまともに防空戦闘に上がる部隊の確保も難しくなってしまった。敵機が上がってこなくなった日本の空で米軍の護衛戦闘機は機銃掃射による空港や鉄道などのインフラ、工場への攻撃も行うようになり、中には逃げる民間人への掃射なども行い始めたまぁ逃げたら無抵抗の民間人として保護対象にならない。でも逃げなかったら弾があたるってんでどうにもならんのだが当時の日本はそれほどまでに制空権がなかったのですか?東京大空襲では 機銃を外し 爆弾搭載量を増した 約300機のB29が 高度2000メートルで 侵入して 東京の下町を 爆撃しましたよネ!まぁ~ アメリカからすれば もはや日本側には 制空権は無いw と ナメていた訳ですwwwそれでも 迎撃機と高射砲で14機は 撃墜した様ですwそれなりには 迎撃し そこそこ撃墜していますが B29は 搭乗員数も多いので1機撃墜すると アメリカ側の被害は大きい訳ですwネ!B29爆撃機は高高度を飛ぶためにターボエンジンを使っていたそうです。日本はターボ技術が無かったので空気の薄い高高度ではエンジンのパワーが落ちて撃墜どころでは無かったんですね。さらに戦争末期はオクタン価の低いガソリンしか入手できなかったのでパワーも落ちるばかりだったそうです。一撃必殺という事であらかじめ時間をかけて高高度へ達してB29を発見したら降下する速度を利用して攻撃するという効率の悪い戦法くらいしか無かったんじゃないでしょうか。どっちにしろ制空権はだいぶ前から失ってたようで私の父親などは3回くらい戦闘機から機銃掃射されたことがあると言ってました。爆撃だけじゃなかったんですね。1945年5月頃には海軍艦艇を動かせる燃料も底をつきその頃には制空権制海権ともに無くなっていたそうです。以下引用作戦用航空機も陸海軍機と併せると1万機以上の航空機が残存し本土決戦用に特攻機とその支援機として温存され、一部を除いて防空戦には参加しなかった。日本近海に迫るようになった連合軍艦艇に対して基本的な操縦訓練を終えた搭乗員が操縦する特攻機による特攻が残された主な攻撃手段となった。とあるように人手も足りず無差別な絨毯爆撃に切り替わってから対応しきれなかったのではないでしょうか。多数撃墜していますよ。だから、アメリカは焼夷弾をばらまくだけの爆撃方法に切り替えたのです。しかし、日本のエンジン技術では高高度を高速で飛行できるB-29の迎撃はかなり困難なものでした。迎撃できる戦闘機を多数そろえれるほどの国力や工業力はもうなかったようですね。

  • 性感染症STD おりものが黄色だったらほぼ性病ですか
  • みんなが作ってる 食材を買う時小腹が空いたとき簡単に食べ
  • 暗殺教室raw 暗殺教室の赤羽業はジャンプの登場人物の割
  • 2020年版 沖縄はもう海開きで夏到来ですか
  • クアロア牧場 2人とも体力に自信がないので電動アシスト自
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です